インターネットの普及とともに、インターネットを利用している中で詐欺の被害に遭ってしまうケースも増えています。そうしたいわゆるネット詐欺には、代表的なものとしてフィッシング詐欺やワンクリック詐欺、ネット通販詐欺及び偽セキュリティソフト詐欺などがあります。

偽物のサイトがある?

フィッシング詐欺とは、銀行やクレジットカード会社などの金融機関の偽のホームページをつくって、そこにインターネット利用者を誘導し、口座番号や暗証番号のような個人情報を入力させ、その情報を使って口座から不正に出金などをする詐欺行為です。フィッシング詐欺に気づいたら、すぐに各都道府県の警察のサイバー犯罪相談窓口に連絡しましょう。

詐欺にあったら口座凍結!

金融機関にも連絡し、口座を凍結してもらいます。口座番号はその後変更するなり、口座自体を解約するなりの手続が必要になります。

クレジットカードの場合は、被害が補償される可能性もあります。

ただ、何よりも、個人情報を入力する前に気づくことが大事です。フィッシング詐欺では、まずメールを使って偽のホームページに誘導する例が多いので、メールの@の後に注意を払う必要があります。

ワンクリック詐欺とは?

ワンクリック詐欺は、ウェブページ内の何らかのボタンをクリックしたとたんに、利用者のIPアドレスなどを表示するなどして、契約が成立したからと金額の支払いを請求するものです。これは無視しましょう。連絡をとってはいけません。そうしたことで契約が成立することはありませんので、その後何度請求が来ようと無視していてかまいません。

ネット通販詐欺とは?

ネット通販詐欺は、代金を前払いさせ、商品を送らないというものです。被害に遭ったら警察に被害届を出して、金融機関に口座凍結などの措置をとってもらいます。公益社団法人日本通信販売協会の通販110番に相談するのも、ひとつの方法です。

偽セキュリティソフト詐欺に遭ったら、最新のセキュリティソフトをパソコンに導入し、偽のソフトはアンインストールします。

OSの再インストールが効果的ですので、できればパソコンを初期化するようにしましょう。