日本でインターネットオークションと言えば「ヤフーオークション」現在では「ヤフオク」となっていますが、詐欺ネットオークションにも多く存在します。

オークション詐欺はこれで見破れ!

詐欺を見分けるポイントと対処法
オークションは便利なので、多くの人が利用しています。リサイクルショップで買い取ってもらうよりも高値で売却することができるという魅力があるので、出品数はかなり多いといえます。

ただ出品している中には、詐欺をしようと考えている人もいるので注意が必要です。

実際には手元にない商品なのに、他から画像だけを転載してきて出品する場合もあるので注意が必要です。

ヤフオクを含めてオークションは相手の顔が見えないので、やり取りが難しいため、詐欺に合わないために見分ける方法を習得しておく必要があります。

詐欺かどうか見分ける方法として、出品者のこれまでの履歴を確認することが大事です。ヤフオクでは、取引をした後に、どのように取引ができたのか評価することができます。

その評価履歴を見ることで、良い出品者であるのか、詐欺であるのかを見分けることが可能です。

評価を見る!

そのため今まで取引履歴がない場合は、詐欺である可能性を捨てきれませんから、高額商品などは落札しないようにするほうが無難です。

そしてヤフオクに掲載している商品説明やアップされている写真を見て、出品者が自分で撮影したのかどうかも判断します。

落札した後、商品の代金を支払ってから手元に商品が届けられることになっていますが、銀行振り込みをするときは、出品者の名前と銀行口座の名前が同じかどうかを確認します。

違っている場合には?
なぜ違うのかを質問する必要があります。またヤフオクには、トラブルを起こした銀行口座名が掲載されていますから、そこに掲載されていないかどうかを確認します。

トラブル口座リスト
https://auctions.yahoo.co.jp/info/f/trouble/

詐欺ではないかと少しでも疑った場合は、取引を中断することも手段の1つになります。

そしてもし詐欺にあってしまった場合には?
ヤフオクでは未着トラブルお見舞い制度というものがあるので、それを利用することが必要です。また、ヤフオクを利用すると手数料がもったいないので、直接取引をしませんかと持ち掛けられることがありますが、その時はかなりの高い確率で詐欺ですし、オークションサイトを通さない場合は補償制度も利用できないので、直接取引は控えるようにしましょう。

繰り上げ詐欺に注意!

“ヤフオクを利用する際に注意しなけばいけないのが、いわゆる「繰り上げ詐欺」と呼ばれる手口です。実際に被害に遭った例もありますので、利用者はそうした詐欺の存在を認識して被害を未然に防がなければいけません。

この詐欺の内容ですが、最高額落札者がキャンセルになったため、あなたが繰り上げで落札者になったと連絡が入り、それに伴い代金の振込を行って下さいというものです。ヤフオクには実際に繰り上げで落札者が入れ替わることもありますので、そこでうっかりと騙されてしまうケースがあります。

しかしながら実際は架空の話であり、振り込んだ後に詐欺の被害に遭ったと気付くことがあるのです。

詐欺に引っかからないためには、まず正式なオークション画面で、本当に自身が落札者になっているのかを確認することが大切です。

もし落札者になっていない場合は詐欺の可能性が高いため、連絡及び振込を行ってはいけません。

詐欺ですので振込をしても商品は届かないどころか、個人情報を盗まれてしまうことにもなります。

ヤフオクのメールアドレスから届いたメールなのかもチェックしてみた方が良いでしょう。

一見すると似たようなアドレスですが、微妙に違うアドレスから送信されてくることがあります。

メールアドレスを変更するのもポイントのひとつです。

そもそもどのようにしてメールアドレスを知ったのかということですが、ユーザーの中にはオークションIDをアドレスに使用していることが少なくないのが理由のひとつです。

尚且つ、ヤフオクのユーザーはヤフーメールも併せて使っていることがありますので、比較的簡単にメールアドレスを知られてしまうことがあるのです。

メールが送られてこないようにするのが被害に遭わないための基本的な対策ですから、誰にも分からない安全なメールアドレスを用意した方が良いでしょう。

しっかりと対策を行い、冷静になって対処をすれば未然に防げる詐欺でもありますので、被害に遭わないためにも万全を期しておくことが大切です。