結婚をしたい相手の気持ちを手玉に取って金銭を奪い取るのが結婚詐欺です。

男性でも女性でも被害に遭ってしまうケースがあり、誰しも注意しなければいけない詐欺と言えるでしょう。

基本的には金銭を奪う目的があり、「お金に困っているから貸して欲しい」「すぐに返すから大丈夫」などと相手を安心させてお金を借りておき、次第に回数や要求額が大きくなったり、最終的には連絡が付かなくなってしまうことがあります。相手を信頼しきっていたり結婚願望が強い人ほど詐欺の手口にハマりやすく、被害額が大きくなることも珍しくありません。

なお、お金が目当てということもあり、貯金や財産などについて不自然に尋ねられるようなことがあった時には疑うことも必要です。詐欺師からすると相手の資産状況を知っておきたい気持ちがありますので、それとなく探りを入れてくることがあります。
結婚詐欺を働く人間には他にも特徴もありますが、例えば証拠に残るようなことを嫌がります。写真に写りたがらない、お金の貸し借りを記録させないなどが挙げられ、詐欺師からすれば都合の悪い材料ですので、証拠になるようなことは徹底して避けていることがあるのです。

話に矛盾したところが確認できることもあります。そもそも相手を騙すために嘘をついていることが多くありますので、交際を重ねることでほころびが出てくることがあるのです。そのため、以前と言っていることが違っていたり、話が二転三転するような不自然なところがあるようなら注意した方が良いでしょう。

家族や友人などに会わせてくれない場合も要注意です。嘘がばれてしまう恐れがあるため、徹底して会わせることを拒否されてしまうことがあります。ただ、身の周りの人に会わせてくれたからといって安易に信用するのも注意が必要です。時には知人などと共謀していることもあり、相手を油断させるために顔合わせをセッティングすることもあるからです。
冷静になればおかしなところに気付くことができるはずですから、盲目的にならないようにするのが被害に遭わないためのポイントと言えます。

トラブルを回避するには?

結婚をしようと思っていた相手がふたを開ければ結婚詐欺師だったと知れば、誰でも大きなショックを受けてしまうものです。

結婚詐欺師は金品を根こそぎ奪い、精神的にも大きなダメージを与える犯罪になります。

結婚詐欺のトラブルを回避するためにもその手口や対処法を事前に知っておくことが大切になります。

結婚詐欺は異性に近づいて結婚をほのめかし、結婚を前提とした交際に持って行きます。

結婚を前提に交際していて結婚が破談になってしまうだけでは相手が結婚詐欺師として法的な処分を受けるわけではありません。

金品をだまし取ることによって詐欺罪となるのです。結婚詐欺師の多くはお見合いパーティーや婚活パーティーなどの身分証明が甘い出会い系のイベントでターゲットを物色することが多いです。

男性の詐欺師であれば財力に余裕があるという設定でターゲットの女性に近づきます。女性の詐欺師であれば魅力的な外見を使ってターゲットに近づいてきます。

このような詐欺師の多くはターゲットを見つけると、信頼関係を構築するためにすぐに恋人同士の関係に持って行こうとします。

騙されやすい人の特徴としては恋愛経験が少ない人が最も多く、簡単に相手の事を信じてしまいやすいといえます。

一度でも親密な関係になった相手のことを結婚詐欺師だなんて疑いたくないという心理から、最後の最後まで騙され続けたというケースが多いことも事実です。また女性の詐欺師であれば妊娠したという設定で詐欺を仕掛けてくることもあるので注意が必要です。

結婚詐欺師はターゲットと信頼関係が構築できるとタイミングを見て「急にお金が必要になった」と打ち明けてきます。

ふたりの結婚資金のためという嘘や会社で一時的にお金が必要になったなど巧みに嘘をついてきます。

詐欺師に共通する点は必ずお金は手渡しで受け取るということです。これはお金の貸し借りをした証拠を残さないためです。

詐欺師は嘘を巧妙に使ってくるので話に矛盾があったり、両親に合わせてくれなかったり、写真に写りたがらないという時はまず疑ってみることが大切です。

結婚詐欺の解決法とは!?

結婚詐欺の被害を避けるには、そのような人と付き合わないように用心することが大切です。

しかし、どれだけ用心をしても、被害に遭ってしまう可能性はゼロにはなりません。

そのため、被害に遭ったときの解決方法を知っておくことが重要といえます。解決方法を把握するには、まず結婚詐欺の本質を知っておいた方が良いです。

当然ですが、詐欺師は金銭や資産を騙し取ろうと考えています。

そのためお付き合いをしている間に、預金額などを質問されることが多くある傾向が見られます。

また所有している資産などについて探りを入れてくるケースも少なくありません。

そのような会話だけがされているのであれば、相手が詐欺師であることを見抜くのは難しくないでしょう。

しかし実際には、男女の恋愛として付き合いが続いていくので、普通のカップルのような会話も多いです。

特に詐欺師に対して、強い恋愛感情を持っている場合は見抜くのが困難といえます。

恋愛としての形式が成り立っていると、もし詐欺に遭ったことを自覚するようになっても、簡単には証明できないです。詐欺師が、恋愛をしていたと言い張るケースが多いからです。

心の問題なので、そう言い切られてしまうと追求するのが難しくなってしまいます。結婚の意思がなかったことを証明できないので、解決まで一朝一夕ではいかないことが多いです。

特に自分だけで相手を追求しようとしても、勝ち目は薄いといえます。

これまで手玉に取られていたのに、急に論戦で勝てるようになるとは考えにくいからです。最終的に言い訳をされて逃げられてしまう可能性が高いでしょう。

そのため、自分ひとりで抱え込まずに第三者に相談することが重要です。

ポイントは少しでも違和感を感じたら、念のために相談してみることです。

結婚詐欺に遭ったことを恥ずかしく感じて、友人や家族に相談できない人もいます。

そのような場合は専門家に相談すると良いでしょう。

また解決の可能性という点でも、専門家を選ぶのが望ましいです。