借金

社債とは会社が発行する債券のことであり、この債券を投資家に発券することで資金を調達するという方法です。

会社はこの債券によって調達した資金により、会社経営を行って利益を投資家に分配することになります。

株式と同じようなものだと感じる人もいるかもしれません。

投資

しかし、株式の場合は資本になりますが、社債は会社の借入れとなっていることが違っています。

また、一口に社債といっても公募するものと少数の投資家を対象とするものの2つの種類があります。

最近ではこの債権を利用した詐欺なども登場しており、引っかからないように手口などを知っておくと良いでしょう。

社債の中には将来的にその会社の株式に転換できるものがあり、これを利用した詐欺に注意が必要です。

まずは電話やダイレクトメール、パンフレットなどで転換社債に関する案内が突然届くのですが、このような案内は詐欺の可能性が非常に高いとされています。

メール

不特定多数の人に案内を送り付けており、興味を持った投資家を騙すことが目的なのです。

ちなみに、転換社債については電話やパンフレットなどで購入を勧められることがありません。

そのためこのような話が来た場合はまず詐欺であることを疑うことがポイントです。

このような詐欺では投資家に社債を売りつけ、最初の内は配当金を支払ってくれるのですが、最終的には会社を倒産させてしまうということです。

この債権は無担保なので会社が倒産して債務不履行になった場合、会社は投資したお金を返す必要がないのです。

投資家は全てのお金を失ってしまうこともあるため、業者に関する情報がホームページやパンフレットでしか確認できない場合や海外の事業である場合、環境対策や発展途上国への援助に従事していると言われた場合などは注意が必要です。

また、通常の金融機関が取り扱っている公社債よりも利率が高いという特徴もあります。

どんなにお金が欲しくてもこのような詐欺には引っかからないように注意しましょう。

必ずもうかるなどといった甘い言葉に騙されないようにすることがポイントです。