これは、広義ではオレオレ詐欺の一部です。

オレオレ詐欺自体はよく知られるように、電話口で虚偽の話をして(子や孫を装い、事故にあった・会社のお金を無くした等の話をして)相手にお金を振り込ませる手口です。

「電話でウソを言ってお金を振り込ませる」点では同じですが、還付金等詐欺はよりターゲットを絞った詐欺と言えます。

その手口は以下の通りです。
まず、ターゲットに詐欺グループが電話をかけます。

ここで詐欺グループが名乗るのは、実際には存在しない、公的で年金や税金などを扱う部局を思わせる組織名です(厚生年金事務局・生活支援金中央センターなど。実在の○○市役所などを名乗ることもあります)。

電話口で彼らは「還付金が発生したので、あなたに振り込みたい。ついてはやり方を指示するので銀行ATMに行ってください」とターゲットを銀行まで行かせ、被害者の口座から自分たちの口座に振り込むよう、ATMで操作を行わせます。

これは「還付金」というエサを見せることで警戒心を緩ませるという点が通常のオレオレ詐欺とは異なっており、実感を持たせるために還付金が発生しやすい時期(ニュースなどで扱って耳にしやすい時期)に詐欺を行うことで安心感を増幅させるのです。

ATMでの一挙手一投足を電話口で指示するため、言うことを聞かせられれば確実に入金が見込めるというのも詐欺する側にとって有利な点です。

ただし手口としては難点もいくつかあります。ターゲットが非常に限られるのです。還付金等の仕組みや種類を知らないうえ、ATMの操作や振込みのシステムに非常に疎い方でないと騙すことは難しいため、かなりの高齢者でしかも女性(機械の操作に弱いため)がとくに狙われる傾向にあります。

銀行等もこの詐欺については承知しており、ATM付近での声掛けも行っているためいずれ下火になるものと思われます。

とはいえ手口とその対策は常にイタチごっこであるため、普段からの警戒や周りへの相談が一番重要な対策であると言えるでしょう。